ベジファスの効果・口コミ情報

ベジファスのダイエットと血糖値がどう繋がるの?

難消化性デキストリンという成分が血糖値上昇と深く関係している

ベジファスの血糖値上昇を抑える効果を利用して痩せる

ベジファスには難消化性デキストリンという成分が含まれています。
この成分は食物繊維の事なのですが、文字の通り「消化しにくい食物繊維」と言われていてトウモロコシが原料となっています。
とうもろこしのデンプンを炙り焼いて加水分解させ難消化成分を取り出します。

 

この難消化性デキストリンは低粘性・低甘味でほぼ透明、耐熱性・耐酸性に優れている食品素材です。
ミネラルの吸収が阻害されないため、さまざまな食品に応用されています。

 

 

この難消化性デキストリンが、食事から摂った糖質が小腸に吸収される前に働きかけ、糖の吸収のスピードをゆっくりにすることで血糖値の上昇を抑えるという訳です。

 

かなり注目を集めている成分で、トクホの健康指定食品などにも使われているんですよ。

 

 

血糖値上昇と体重はどう繋がるの?

いきなりを炭水化物がっついて食べてしまうと血糖値と中性脂肪が急激に上昇してしまいます。
血糖値が上昇してしまうと「インスリン」という成分が分泌されます。

ベジファスの血糖値上昇を抑える効果を利用して痩せる

インスリンは炭水化物を脂肪に変えて体に蓄積させようとする働きもしますし、空腹感を感じさせる作用もあり食べたい衝動にかられてしまったり、食べ過ぎたりしてしまう原因にもなります。

 

それを予防するためにはベジタブルファーストを利用するのですが、野菜の量でいうと1度の食事でレタス2個は食べないといけません。
毎食レタス2個ってちょっと・・・そうとうきついですよね。

ベジファスの血糖値上昇を抑える効果を利用して痩せる

そこで手軽にゼリーで食べられるベジファスという健康食品を食前に食べると血糖値上昇を抑え、インスリンの分泌にも働きかけ、結果体重維持や太りにくい体造りに役立つという事になります。

 

 

ベジファス公式サイト